2007年12月10日

はじめに

私の次男が小学校1年の時ピアノを始めたのでなんとなく触っていたらちょっと興味がわき自己流で次男のバイエルを片手に2年ばかり過ぎました。

その間次男の発表会で連弾で参加させて頂き自己満足していました。バイエルのあるところから前に進めなくなり、そのまま終わるのは悔しいので次男の先生に相談したら快くレッスンを引き受けて頂きました。ところが自分勝手の癖が酷く先生後談によると いったいどうしたら良いか悩まれたそうです。今では笑って話す事ができますが当時はそれどころではなかったようです。最初からの方が良かったでしょうと最近言われました。やはり基本は大事ですね 

最初はバイエルで癖を直しながらのレッスンが続き四苦八苦の連続でした。それまでは楽譜を丸暗記してから弾いていましたから楽譜を見ながら弾くことが自分にとって苦痛そのものでした。それでも今日まで来れたのは先生のご指導のお陰と感謝しています。良い指導者に巡り合う事はとても重要な事ではないでしょうか

バイエルは、只進むだけではなく先生も私も納得するまで指導して頂く事をお願いしていたので進行は早くはなかったです。しかし いまでは、それが良かったのではないかと思っています。暫くしてピアノランドも勧められ平行してレッスンが始まったのですがこの後私を悩ませることになるとはその時は夢にもおもっていませんでした。





posted by かわうそ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに